白い薬と色々なハーブと薬瓶と乳鉢 薬局
  • ホーム
  • 日本で認可されてるEDジェネリック

日本で認可されてるEDジェネリック

緑薬を持つ人の手と色々な葉

ジェネリック医薬品は、価格が安い上、効果や安全性が確立されていることから、多くの国々で便利に使われています。
たとえばアメリカやドイツやイギリスでは、ジェネリック医薬品のシェアは60%ほどあります。
ところが日本では、15%程度となっています。
なぜなら、日本には国民皆保険という制度があるからです。
つまり日本国民は基本的に全員、健康保険に加入している状態なので、比較的安価で診療を受けることができます。
安価なジェネリック医薬品に頼る必要性が、欧米ほど高くないわけです。
そのため認可されていないジェネリック医薬品が多いのです。
しかしこれは、健康保険が適用される診療においてのみ言えることです。
自由診療の場合は健康保険が適用されないため、100%自費で支払うことになります。
たとえばED治療などがそうです。
そのため患者の金銭的な負担は大きく、ジェネリック医薬品を求める声も多くあります。
海外から個人輸入でEDジェネリック医薬品を購入している人も、多くいます。
しかしED治療薬のバイアグラのジェネリック医薬品に関しては、2014年5月から、日本国内の製薬会社で販売されるようになりました。
もちろん厚生労働省に認可されています。
それにより、安価でED治療をおこなうことのできる人が、日本国内でも増えてきている傾向となっています。